concept



ブラジリアンワックスとは

店内イメージ


ブラジリアンワックスとは、おもにアンダーヘアーのワックス脱毛の事で、欧米などでは脇と同様に、美しく処理することが定着しています。欧米を中心に先進国では、すぐにその場でヘアを抜き去ることが出来る、最もポピュラーでベーシックな脱毛方法として、古くから安全とされている脱毛方法です。
最近では日本でも、美意識の高い女性から身だしなみの1つとして注目されています。

天然成分からなる水飴のような強い粘着力のある専用のワックス剤を塗布し、シールを剥がすように一気に引きはがすことで、毛根から脱毛します。古くなった角質も一緒にとれるので、ツルツルの滑らかなシルク肌を手に入れることができます。

ワックス脱毛後は、個人差はありますが約1週間~10日間、毛がない状態を保つことができ、約3~6週間で毛が生え揃います。
毛根から処理した毛は、繰り返し施術することで脱毛前より細く柔らかく、毛量も少なくなっていく傾向があるため、毛質改善にも効果があります。
カミソリや毛を溶かす薬剤、電気刺激を使う脱毛法ではありませんので、お肌に優しく敏感肌の方にもおすすめです。

グリではお客様の皮膚に直接触れるベッドシーツ・グローブ等は完全に使い捨てにしております。
お客様の目に触れない、Waxで使用するスパチュラも1ディップ毎に使い捨てです。
また使い捨てに出来ない物は洗浄し、その後紫外線消毒器に入れ、更にお客様に使用する前には消毒用エタノールで消毒後使用しております。

ニューヨーカーの美意識

NYは、世界一のオーガニック先進都市。美容への意識が高いニューヨーカーは、自分がいかに心地よくいられるか、そして人にどう見せるかを自己プロデュースすることをとても大切にしています。
ネイルの場合、アートや長さではなく、綺麗に手入れをされた指先にこだわり、ナチュラルカラーを塗るのが好まれます。手入れの行き届いている事が、ステイタスやプライドになっているのです。

脱毛も同じ。

ブラジリアンワックスはまだ日本ではまだ馴染みがうすいですが、まつ毛、眉、髪の毛以外は全部ムダ毛と考えているNYでは、他者へのエチケットと、清潔で気分良く過ごしたいという合理的な考えで年齢に関係なくとっても一般的です。また、organicな観点から、電気等を使った脱毛よりもワックス脱毛が主流です。手入れはプロにまかせて、空いた時間をプライベートTimeにあてるなど、気分転換も上手ですね。

自分の事よりも周りの方に気を使う日本人ならではの美徳も素敵ですが、サロンへ来た時は、主婦、OL、学生、母という役割を離れて、もっと女性である事を楽しんでもらいたいと思います。